Wax Poetics Japan No.05 (Book)

  • Wax Poetics Japan No.05 (Book)
  • Wax Poetics Japan No.05 (Book)
購入数
Wax Poetics Japan 5



year/2009

country/Japan

label/Grunt Style

Wax Poetics Japanの第5号。Miles Davis、Large Professor、Erick B. & Rakim、Jimmy Cliff他、多数の濃厚な記事を掲載。



-以下卸元より-

Miles Davis

私は、運命、さだめ、そういったものに感情的になるような人物ではなかった。だが、2007年、レガシーのCDボックスセット『Miles Davis: The Complete On The Corner Sessions』のライナーを書かないかという電話をもらったときには、私は両目を思い切り開けて「神様、ありがとう!」と叫んだものだ。何年もの間、 私は、マイルスの革命的なエレクトリック・バンドについて書きたいと思っていた。そのバンドは1972年から1975年の間(『On The Corner』から『Agharta』『Pangaea』)、この地球上を震撼とさせたのだ。



Large Professor

ピート・ロックやDJ プレミアといったDJ 界の巨匠が影響を受けた人物として挙げるのが、クイーンズ出身の先達、ラージ・プロフェッサーだ。長年にわたり、人気のMC たちは彼のビートを求め、一流プロデューサーたちは彼のアドバイスを求めてきた。ラージ・プロフェッサーが大活躍していたのは、ナズがデモを作り、メイ ン・ソースのメンバーが高校に通い、SP1200が未知の新しいテクノロジーだった時代である。歴史に残るクラシック・アルバムがいくつかリリースされた 時代に、彼は大きな存在感を示していた。「俺はとにかく、進歩することだけを考えていた」。



Erick B. & Rakim

これは私の新著の中の1章である。タイトルもそのままなので分かりやすいはずだ。もともとは2003 年の末に『XXL』誌の、「Classic Material」というコラムのために行ったこのインタビューは、私の中でほろ苦い思い出になっている。しかし後になって振り返れば、苦味よりも得たも のの方がよほど大きかった。ラキムは本当に潔く私に過去のことを語り、話し始めて早々に本題に入ってくれた。一般的に、ほとんどのアーティストは活動初期 の話題になると心を開いて話し始める。でも相手はラキム、ヒップホップ界でも最も敬われ、また秘密主義だと言われているアーティストの1人である。



Jimmy Cliff

ジミー・クリフはレゲエ界の真のパイオニアだ。60 年代初期にビバリーズ・レコーズの立ち上げに関わり、より大きな栄光を手に入れるためにロンドンに渡った最初のジャマイカン・シンガーの1人でもある。ま た、南米とアフリカに多大なインパクトを与えた初のレゲエ・ボーカリストでもあり、音楽性の幅を広げることでオーディエンスを拡大してきた。彼は長編映画 の主役の座を獲得した初のレゲエ・シンガーとして、ジャマイカ島の活気ある音楽とカルチャーに国外のオーディエンスの目を向かせた。



Booker T. Jones

ブッカー・T・ジョーンズは、これまで自らの手でポピュラー音楽の進路を舵取りしてきた。文字通り、彼のその両手で。ジョーンズは、恐らくモータウンの ファンク・ブラザーズやニューオーリンズのミーターズに匹敵するポピュラー音楽史上最も偉大なスタジオ・リズム・セクションの1つ、ブッカー・T & ザ・MG ズのオルガニスト兼バンド・リーダーとして知られている。また、ブルース、R&B、ソウル、ファンク、カントリー、そしてロックン・ロールの交差 点である彼の故郷、テネシー州メンフィスという音楽の坩堝を体現した人物でもある。



Mahavishnu Orchestra

マイルス・デイヴィスの自伝『マイルス』の中で、彼は1971年のアルバム『A Tribute to Jack Johnson』に収められた曲を自分が作曲したと書いている。「私はあのボクサーの動きを考えていたんだ。シャッフルの効いたあの動きをね」。ボクシン グ・ジム行きの電車に乗るために歩いている最中の出来事だったらしい。「そいつは良く出来た話だな」。そのセッションに参加していたドラマー、ビリー・コ ブハムは少なからずの皮肉を込めて言った。『A Tribute to Jack Johnson』はマイルス自身が言うよりも遥かに即興的な形で表出したものらしいのである。



Eddie Cheba

サウス・カロライナ州マートルビーチ、ベイ・ウォッチ・リゾートにあるザ・フィッシュテイル・バー。このバーからは美しい浜辺が一望できる。まさかかつてゲットーのセレブだったラップのパイオニアがこんなところにいるなんて、誰も思わないだろう。



Joe Cuba

「ブーガルーのキングには決してなりたくなかった」。数年前、スパニッシュ・ハーレムの自宅アパートで、ジョンは私にそう打ち明けた。「キングになったら後でどうなるか、分かっていたんだ。ブーガルーの流行が廃れた瞬間に、キングもお払い箱になってしまうってね」。



Lyman Woodard

ライマン・ウッダードの訃報は世界中の良識ある音楽ファンたちを大いに悲しませたが、この才能あふれるミュージシャン/作曲家本人と良好な関係を築いていたワックス・ポエティックスにとっては、特に受け入れ難いものだった。



Dam-Funk

“ブギー大使"の別名で呼ばれているロサンジェルス出身のデイム・ファンクは、アナログ・シンセ満載の斬新なトラックとFunkmosphereクラブ・ナイトでのDJプレイを通して、80'sファンク/ディスコ復興の立役者として知られている。



Quantic

クァンティックことウィル・ホランドが、故郷であるイギリスのブライトンから、音楽に導かれるようにコロンビア第3の都市カリに移り住んで2年が経過した。彼の地では、クァンティック・アンド・ヒズ・コンボ・バルバロという新しいユニットが生まれた。



Tommy Guerrero

80 年代からプロ・スケーターとして活躍していたサンフランシスコ出身のトミー・ゲレロは、ソロ・アーティストとして早くも10 年以上のキャリアを誇るベテランであり、彼のトラックは、世界各地の熱狂的ファンに支持されている。



DJ JIN

音楽を生業にする身として、アナログ/デジタルに対しての個人的雑感から話を進めさせていただく。まず、Digidesign Pro Tools が普及し始めた2000 年以降の録音現場において。そこではもはや、完全にアナログとデジタルの棲み分けはなされたとみていいだろう。



Maxwell

その魅惑的な歌声により、これまでに多くのリスナーの耳目を集めてきたシンガー、マックスウェル。彼が実に8年ぶりとなるニュー・アルバムを完成させた。このキャリア4枚目のスタジオ・アルバムは「過去の苦悩」に言及した内容である。



R&S Records

ベルギーに行ったことがある人なら知っている。首都のブリュッセルでさえ、あるいはファッション・デザイナーが憧れるアントワープでさえ、そこには古いヨーロッパが佇んでいる。そんな町が1992年から少なくとも1996年まで、テクノ・ミュージックの中心地となったわけだ。



Root Soul

自分でも気づかないうちに、ルート・ソウルが2007年にリリースし世界的なダンスフロア・ヒットとなった「Spirit of Love」の旋律は、いつの間にか私の記憶にも残っていた。少し経ってから、それが数ヵ月前によく聴いていたミックスCDに入っていたことに気づいた。



BAGDAD CAFE THE trench town

夏を告げる雨が音もなく降っている。湿気がジメジメと肌にまとわりつく、不快指数の高い夜だ。6 月下旬の代官山LOOP。気が滅入りそうな外の気候とは打って変わり、会場内は温かく心地良いヴァイブスに満ちている。



cro-magnon

cro-magnonが新作を完成させた。タイトルは『4U』。4枚目のオリジナル・アルバムだから『4U』である。ここで味わえるのは、さらに磨きのかかった3人の演奏力と、より自由闊達に跳ね回るダンス・サウンドの数々。



Smooth Current

16、7年前にDJ 活動をスタートしたDJ RYOW a.k.a smooth current。アンダーグラウンドの現場より、長らくクラブ・シーンとヒップホップ・シーンの動向に目を光らせてきた彼が、いよいよオリジナル・アルバムを発表した。



12inch Laboratory

こんにちは! 今回より連載させて頂く岩沢洋です。自分、ぶっちゃけ青春は六本木のサーファーディスコで、それを引き摺りながらもレアグルーヴ好きという44 歳の物好きオヤジでございます。



Styles from the Outer Dimensions

ミレニアム飛躍マザーシップは、過去から現在へと前進し、未来へと後退し、現代に到着する。視界にファンクを必要としている者を探し求めて、未知と既知の銀河系を飛行する! マザーシップは33 1/3回転の速度で飛行し、夢遊病者だらけの惑星へと到着する。



ヴァイナル駅伝

暑いですね〜。そんな時こそ、クールなファイブ、じゃなくて、ヴァイブ! 体感温度が5度下がります。というわけで今回は、来日公演も記憶に新しい、僕の“心の太陽”ことロイ一本でいきたいと思います。


wax poetics current
wax poetics sessions

1,257円(税込)

在庫状況 残り1枚!

購入数

商品レビュー

レビューはありません。

一緒に購入されている商品

  • O.S.T. / 華麗なる刑事 (LP/USED/VG++) O.S.T. / 華麗なる刑事 (LP/USED/VG++)

    0円(税込)

    Disk:VG++ / Jacket:VG++
    Japan Only
    草刈正雄、田中邦衛出演のテレビ番組「華麗なる刑事」のサントラ。「情報のテーマ」はDJ XXXLのミックスCDに収録された疾走するジャズ・ファンク。

  • Wax Poetics Japan No.04 (Book) Wax Poetics Japan No.04 (Book)

    1,257円(税込)

    Wax Poetics Japanの第4号。Lee Perry、Pete Rock、Bad Brains、Ahmad Jamal他、多数の濃厚な記事を掲載。