IRIE JAZZ SESSION : Caravan (7")

  • IRIE JAZZ SESSION : Caravan (7
  • IRIE JAZZ SESSION : Caravan (7
  • IRIE JAZZ SESSION : Caravan (7
Label:家永吹産
Cat No: ISR-004 / 2022

※JKTは赤、黄、緑の3種類となります。(色指定でのオーダー希望のご対応/ご用意はできませんので、予めご了承ください。)


-Track List-

Side A: Caravan [3:44]

Composed by Duke Ellington / Juan Tizol

Side B: Do You Know What It Means To Miss New Orleans [5:04]

Composed by Louis Alter


Do You Know What It Means To Miss New Orleans
Music by Louis Alter c by EDWIN H. MORRIS & CO., INC. All rights reserved.
Used by permission.

CARAVAN (INSTRUMENTAL VERSION)
Written by Duke Ellington / Juan Tizol
Published by EMI MILLS MUSIC INC.


【member】
MONKY : Flute,Alto Sax,Tenor Sax,Baritone Sax
THG : Guitar
Yota Kobayashi : Guitar,Programming
Shinju Kobayashi : Bass

Arranged & Produced by IRIE JAZZ SESSION
Recorded & Mixed by Yota Kobayashi
Recorded at Small Woods Home Recordings, Chikyuya(Kunitachi)
Masterd by Mitsukazu Tanaka Masterd at studio Chatri

Cover Artwork By Masayuki Shinha(Cetana Works.)


”既存のジャズにとらわれないジャズ”をコンセプトにした実力派ミュージシャン4名によるバンド・プロジェクトIRIE JAZZ SESSION。
話題を集めたDave Brubeckによる不朽のクラシックス「Take Five」のレゲエ/ダブ・ジャズ・インスト・カヴァーに続く新作は、細野晴臣をはじめ数多くのアーティストもカヴァーしてきたDuke Ellingtonのクラシック「Caravan」のダンサブルなスカ・ジャズ・カヴァー、そしてLouis ArmstrongやBillie Holidayヴァージョンでも知られるLouis Alter作の「Do You Know What It Means To Miss New Orleans」のラヴァーズ好きも必聴のメロー・ジャズ・レゲエ・カヴァーをカップリング!

元Black Bottom Brass BandのMONKYがスタートさせたレーベル家永吹産の限定アナログリリース第3弾は、 レーベル主宰であるサックス奏者MONKY、”Kotsubo Sunset”でも幅広い注目を集めたTHGことギタリスト白石才三、Spinna B-ILL、MARTER等のレコーディング/ライブ等でもお馴染みのベーシスト小林眞樹、その実弟でソロアルバム 『ONE』もリリースしたギタリスト小林洋太による、 ”既存のジャズにとらわれないジャズ”をコンセプトにしたバンド=IRIE JAZZ SESSION による不朽のジャズクラシック「Caravan」「Do You Know What It Means To Miss New Orleans」のレゲエ・ジャズ・インストゥルメンタル・カヴァー。

スカをベースにしたダンサブルなリズム/グルーヴを軸に、暖かな味わいと夜の艶やかさな色気もめぐるサックス&ギター・プレイが巡る、正に”スキャラバン”と呼ぶに相応しい「Caravan」のスカ・ジャズ・カヴァーのA-Side。

柔らく跳ねたリズムマシーン・サウンドに、ハートウォーミングでメローなサックスやギターが暖かく色付ける、ラヴァーズ・ロック好きも必聴の「Do You Know What It Means To Miss New Orleans」のレゲエ・ジャズ・インストカヴァーのB-Side。

今作もMasayuki Shinha(Cetana Works.) による3カラーヴァリエーションのJKTでリリースされる、LTD 45s♪(k)






Artist Profile
IRIE JAZZ SESSION (アイリー・ジャズ・セッション)
プロフィール
ジャズ&ファンクフィールドで活動してきた元Black Bottom Brass Bandのサックス奏者”MONKY”と ジャズ&ジャムフィールドで活動してきたギタリスト”THG”が、 既存のジャズにとらわれないジャズ・バンドを目指し意気投合。 レゲエ界で注目を集めていた小林ブラザーズにラブコール!
鉄壁の兄”Shinju Kobayashi”のベース、 そして弟”Yota Kobayashi”はギターだけでなくBeatも担当。 Yotaのヴォーカル曲は毎回ライブのハイライトに!
2016年 湘南を中心に活動開始! ジャズをレゲエに、そしてレゲエや歌謡曲をジャジーにセッションするその独特のスタイルに湘南を中心に熱烈ファン急増中!!!
2021年に1st Single “Take Five”を、そして2022年に2nd Single「Caravan」を限定アナログでリリース。

1,870円(税込)

在庫状況 残り1枚! 注文はお早めに!

購入数

商品レビュー

レビューはありません。