sequick : FLEEK / TickTack (7”)

  • sequick : FLEEK / TickTack (7”)
Label : GTD Records
Cat# : GTDJSMS-001

日本において数少ないトークボックスの担い手であり、プロデューサー/トラックメイカーとしてメジャーからアンダーグラウンドまで数々の楽曲に参加する1983年生まれのアーティスト、sequick(セグイック)が、最新7インチ・シングルを発表!


sequick新作7inchリリース!!
日本において数少ないトークボックスの担い手であり、プロデューサー/トラックメイカーとしてメジャーからアンダーグラウンドまで数々の楽曲に参加する1983年生まれのアーティスト、sequick (セグイック) が、最新7インチ・シングルを発表。MPC2000XLとの出会いからビートメイクを始め、ZAPPのロジャー・トラウトマンに衝撃を受けて以来、ライブ現場を通じてトークボックスの腕を磨き、2010年のデビューアルバムでは選りすぐりの名曲を個性溢れる手法でカヴァーし話題をさらった。そんな彼の新作は、ベース、ギター、ローズ、ホーンを担当する4人のミュージシャンと組んだバンド編成で新たな方向に舵を切った野心作。往年のファンクネスと現代のフィーリングをミックスさせたブルーノ・マーズのヒットを思わせる「FLEEK」は、そんなポップセンスの中に70’sファンクの香りを濃厚に漂わせたリードトラックで、重層的なホーンセクションも印象的な活気溢れる一曲。一方ミッドテンポのメローファンク「TickTack」は、自身のヴォイス&コーラスのテクスチャーにこだわったトークボックスの新たな可能性が感じ取れるナンバー。アーバンな雰囲気を構成する楽器それぞれの魅力が際立ったインストバージョンも必聴で、グルーヴ感あるベース、琴線に触れるギターフレーズやオーガニックなホーン・セクションなど、バンドならではのアレンジが光るオールタイムフェイバリットなダブルサイダーとなっている。(大塚広子)


tracklist

Side-A.FLEEK
Side-B.TickTack

45RPM/STEREO/Made In JAPAN



sequick
東京都品川区出身。sequick(セグイック)名義で活動中。高校時代から都内のクラブを中心にDJとして活動する。同時期にMPC2000XLを購入しビートメイクを始める。その後Como-Lee氏との出会いによりトークボックスを習い始め現在にいたる。

1,980円(税込)

在庫状況 残り1枚! 注文はお早めに!

購入数

商品レビュー

レビューはありません。