MURO a.k.a. King Of Diggin' & Mitsu The Beats : Conduct A Library Research (2MIX-CD)

M&MCD001

  • MURO a.k.a. King Of Diggin' & Mitsu The Beats : Conduct A Library Research (2MIX-CD)
  • MURO a.k.a. King Of Diggin' & Mitsu The Beats : Conduct A Library Research (2MIX-CD)
year/2009
country/Japan
label/dovewax (M&MCD001)

デッドストック入荷!!

King Of DigginことMURO氏とDJ Mitsu The Beats氏という、日本だけでなく世界をまたにかける2人のディガー/アーティストによる、ライブラリー音源のみのガチンコ対決。世界が大注目のスペシャルなミックスCD作品!!



ライブリー音源とは簡単に言えば、TVやラジオ等、放送局の番組プログラム用に制作された音楽の事で、数々のジャズ・ミュージシャンも実名/変名で作品を残していて、ジャズ、ファンク、アフロ、ディスコ等々、DJ/トラックメイカーにとってはヨダレものの「ネタ」の宝庫。だが、元々一般流通していない上、情報も少なく、ヤバい「ブツ」を掘り起こすのは至難の技。しかし、MURO氏にDJ Mitsu the Beats氏とこの2人は当り前の様にやっていた。長年に渡るディグの日々...。世界中のコレクター達とのトレード、更には国内/海外のツアーの合間をぬって、「耳」と「経験」を武器に様々なライブラリー音源を掘っていた。
今回は、そんな貴重なライブラリー音源を2人のレジェンドが卓越したスキルとセンスでミックスしているのだから間違いない。 またライブラリー音源とひとくくりに言っても、その幅はとてつもなく広く、MUROサイド、DJ Mitsu The Beatsサイドと2人の全く違った世界感が展開されており、これがまた非常に興味深く、これは絶対に聞き逃し厳禁。

MURO Side 32曲、Mitsu The Beats Side 30曲の2枚で全62曲。恐るべきドラムブレイクの数々、流麗なストリングス、流れる美しいメロディ達、さらには「アレ」や「コレ」ネタのフレーズまでが(驚きのGagle「Love Note」ネタも収録)。ヴァイナル・コレクター/クリエイター/プロデューサーだけでなくヒップホップ/ソウル/ファンク/ジャズ/レアグルーヴ・リスナー必携。
尚、アーティストの意向によりトラックリストの表記はありません。

3,300円(税込)

在庫状況 残り1枚! 注文はお早めに!

購入数

商品レビュー

レビューはありません。