予約商品・Kool Blues : Can We Try Love Again/I Want To Be Ready (7”)

  • 予約商品・Kool Blues : Can We Try Love Again/I Want To Be Ready (7”)
予約についてのご注意
本商品の支払い方法は、佐川急便代引き、またはPalpalのみとなります。
入荷日が変わる可能性がございます。予めご了承下さいませ。
オーダー順のご用意となりますが、ショートした際には、商品をお届けできない場合がございます。
予め、ご了承お願い申し上げ致します。


当店ウェブショップの予約についてのお客様のメールアドレスの記入ミスが多々ございます。
アドレスにミスがありますと、その内容について返信することが出来ません。
どうかメール・アドレスに間違いがないか確認してご一報下さいませ。
*携帯メールを記入される方にアドレス・ミスが多いかと予想されます
*「メールの受信拒否設定」の方も多数ございますので、「電話番号を記載頂ければ」問題がある際にお電話させていただきます。
*メッセージを送って頂ければ、基本的に24時間以内に返信しております。返信なければアドレスミスが予想されますので、もう一度(メール・アドレスを確認して)ご連絡お願いいたします。


入荷日未定

Numero x Diskunion/ES064

 多数の名盤〜レア盤が存在するオハイオ州コロンバスのローカル・レーベル CAPSOUL。同レーベル屈指のレア盤であるクール・ブルースのシングル"Can We Try Love Again / I Want To Be Ready"(74年)が世界発リイシュー。


 テネシー州シャルロットからやってきたJohn PrimmとWilliam Gilbertの二人組ソウル・デュオ。彼らがCAPSOULに残した音源(シングル)は2枚のみ、デビュー作の"Keep On Loving You"(72年)はレーベル・メイトのフォー・ミンツも翌年に録音したことで知られる1枚。
 しかし内容がより充実しているのは2枚目の本作で、CAPSOULの中でもベストと言えるマスターピース。クールなギター・カッティングが胸 キュンなイントロから、切なげなメロディーが入り、徐々に熱気を帯びていく展開のグレイト・クロスオーヴァー・ソウル"Can We Try Love Again"。 フリップ" I Want To Be Ready" はこれまた切ないバラードで、アクセントとなるギター・リフとオルガンの哀愁感、抑え気味にコントロールされたヴォーカルから一転、後半に魅せる感情大爆 発の様が実にソウルフルな1曲。

https://www.youtube.com/watch?v=QYiv-HwbmBk
https://www.youtube.com/watch?v=zlUDNj31X98


-Track List-
A.Can We Try Love Again
B.I Want To Be Ready

□ 限定プレス 500枚
□ USプレス
□ 国内制作ジャケット / 解説付
□ THE NUMERO GROUPカンパニー・スリーヴ付

500枚限定プレスの為、オーダー希望数よりショートする可能性がございます。あらかじめご了承願います。

1,620円(税込)

購入数